4月 4, 2022

言葉ち気持ちの距離

投稿者: admin

素晴らしい出来事の持っているエネルギーを、逆の言葉を使うことによってブロックすることがあります。言い換えれば「自分はこの素晴らしい出来事に値する人間ではない」と自分を否定している状態なのです。

せっかく良い出来事があっても、無意識下で自分を否定していてはもったいないと言えるでしょう。言葉と気持ちに距離を作ってはいけません。

良い事が起きたときには、素直に自分の感情を表す癖をつけましょう。「自分は素晴らしい出来事に値する人間だ」と自分を肯定することは自信にもつながりますし、更なる良い出来事を起こしやすくもなると言われています。

スピリチュアルコーチングにおいて、自分の発する言葉は自分にエネルギーを与えるものと考えられています。自分が普段、どんな言葉を使っているのかを意識して、良いエネルギーを得られるよう考えていきましょう。