セルフイメージ

セルフイメージを見つけるポイントのひとつに、あなた自身が今、実際に悩んでいることを挙げて理解することです。その題材からセルフイメージを引き出していきます。

高い精神性に目覚めれば、ネガティブマインドがなくなるわけではありません。ネガティブマインドと高い精神性の両方を感じることができるため、自然と自分の本来の思考パターンを発見しやすくなります。

高い精神性に目覚めてからの数年は、マインドと高い精神性を行ったり来たりしてしまい、非常に混乱する時期です。そのためその混乱を乗り越えるのにより高い精神性をそなえ、生きていくために自分のマインドはすべて見るように心がけるべきと言えるでしょう。

発見したセルフイメージは部屋の壁などよく目につく場所に紙に書いて貼り付け「これまで私と一緒にいてくれてありがとう。 でももう、あなたなしでも私は幸福なの。」と、感謝の意を伝えてセルフイメージとお別れしましょう。

もちろん、今世を生きる限り、ネガテイブマインドを完全に払拭することはできないと思います。しかし、自分がそのマインドを制覇し、自分自身の本来の姿だと思いさえしなければ、 それだけで良いのです。

マインドはマインドでしかなく「あなたではない」のです。あなたの人生に悪さをするセルフイメージを探していきましょう。 これからセルフイメージの見つけ方を挙げていきたいと思います。

①まず紙と筆記用具を用意し、現在の悩みを書き出してみます。

②テーマに挙げた悩みを元に、その悩みに登場する登場人物のことを書き出します。 登場人物が漠然としている場合、それで構いません。

③登場人物が書き出せたら、今度は今の自分はどうその人たちに見られているか考えてみましょう。

④③で書き出した文章から、自分で自分のことをどう思っているか引き出します。おおかた③で書き出した文章の中から「登場人物」と「その相手からどう思われていると思うか」を抜き出したものが、セルフイメージです。

自分の胸にもっとも刺さる文章が一番セルフイメージに近い、あるいはセルフイメージと言えるでしょう。

では潜在意識についてですが、スピリチュアルの視点からみて、普段は意識することないように目の細かい網がかかっています。

意識している情報量以上に膨大な情報を備えている潜在意識に接触してしまうと、情報量があまりにも膨大なため我々の脳が疲弊しショートしたような状態になります。

そのため、日常において意識できない仕組みになっているのです。ですから潜在意識を意識しようとするとき、網がかかったところを通過しなければいけないため、 一度頭の中が真っ白になります。しかし、 このことを前提にしてあきらめず対話を続けることにより、セルフイメージを必ず発見することができるのです。

「降って積もって溶けていく。雪のようにしなやかに生きる!」Top Pageへ戻る