鼻が表す傾向

人間の鼻の大きさや位置によって、それぞれのエネルギーや持っている性質が異なると考えられています。

例えば鼻の下の長さ(口と鼻の間の距離)が長い人は、肉体的なエネルギーが心の力よりも勝っていると考えられており、長さが短い人は心の力の方が強いと言われています。

鼻の長さの基準としては、顔のバランスを見て判断をします。バランスが取れた状態の顔は、鼻と耳の長さ、瞳と瞳の間の距離が等しくなっています。これを基準に、大きさや距離を考えていきます。

長い鼻を持っている人は、物事を深く考えるタイプとされています。何かしらの行動を起こしたり大切な決定をする前に、たっぷりと時間をかけて考えます。決定の前には、過去の経験に照らし合わせて、計画は慎重に行う傾向にあります。

短い鼻を持っている場合は反対に、素早く物事を決定することが特徴になっています。鼻の付け根の部分は、精神的な力、物事の実現能力を表しています。

鼻の付け根が太くて出っ張っている人は、精神の力が強く、計画の実現が早いと言われています。鼻の付け根が狭くてへこんでいる場合は、精神力が足りていない場合があるそうです。

鼻の先端についても、さまざまな傾向が表れます。先端が丸くて大きな場合は、社交的で情熱を持っているそうです。先端の肉付きが良いという場合は、外部の世界に人間的に熱心に関わろうとします。

先端が口元に向かって垂れ下がっている場合は、財産を多くため込んで、かつ自分の持ち物をばれないように隠します。交渉に強く、物事を自分の有利になるように進めることが得意とされています。

先端があまり前に出ていない人は、人付き合いが良くない傾向にあるそうです。引っ込み思案な部分もよく見られるそうです。

「降って積もって溶けていく。雪のようにしなやかに生きる!」Top Pageへ戻る