料理の素材

snowでは信州・白馬の素材はもちろんですが、近くの山で採る旬の山菜やきのこなどもお出ししています。また、群馬の実家で作った米や野菜、果物など安全で新鮮な素材をその都度送ってもらい料理やデザートに使用しています。

白馬の紫米
白馬の紫米

白馬の紫米は、南京香稲と呼ばれ中国雲南省から取り寄せて白馬村で平成3年から栽培しています。故事記歴によると、中国では「本草網目」という古書に、美味・滋養・強壮・脾臓・肝臓・血液循環などの薬用価値が書かれており、古来より薬用米として利用されてきたそうです。
白米に1割程度混ぜて炊くだけで色鮮やかでモチモチとした食感に仕上がります。
薬用効果ももちろんですが、食べてもとても美味しいです。

おかわり自由ですのでたくさん召し上がってください。

Kanekofarm in 群馬
Kanekofarm in 群馬

実家の畑です。

夏にバジルを大量に育ててもらいバジルソースを作ったり、冬には柚子でシャーベットを作ったり…。

白馬や近隣の市町村で作られた野菜はもちろんですが、父が作ってくれている野菜やお米もsnowではふんだんに取り入れています。
 

採れ立ての山菜
採れ立ての山菜

4月下旬から5月上旬にかけて裏の森では山菜が採れます。

フキノトウ、コゴミ、タラノメ、コシアブラ、ヤマブドウの新芽、ワサビ菜、クレソンなどなど食材の宝庫です。

 

自家製味噌
自家製味噌

ここ数年の年中行事である味噌作りです。

自家製味噌と聞くとかなり手間がかかりそうですが、作業自体は単純なので量が多くければ意外に楽に仕込むことができます。

自家製味噌を使い始めると市販の味噌では物足りなくなる程、風味が違います。特にsnowでは信州ブランド「西山大豆」を使っているから格別かも知れません。

今年から米麹だけでなく麦麹の味噌も仕込んでみたので味と風味の違いが楽しみです。